スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡ビジネスレポートに掲載されました

1_20120707101650.jpg
6月下旬に取材を受けた「輝く女性(ひと)」の記事がどーん!と掲載されてしまった。

ホントどーん!と、…写真が。…大きすぎやしないか?
取材を受ける2~3日前から寝不足が続いていてすっごく眠そ~な顔してるし!

で、記事の方は…。
"働く目的"、"掲げた目標"があるから、多くの挫折や矛盾を感じながらも、
それを乗り越えてくることができた。そしてそこで初めてみえてくるものがある…。みたいな。

さっすがT記者さん! みたいな。

これからしばらくはこのネタでイジられそうだけど、仕方ない(泣)。

でも、子供達には自ら見せた。
特に長女はだまって記事を読んでいた。特に感想はなくその後はTVに見入っていたけど、
何か感じたものはあっただろうか。

一所懸命に働く親の姿は、子供に是非見て感じてもらいたいと思う。

お金を稼ぐとはどういうことか、
働く目的って何なのか、
自分の夢って何なのか。

今の学生たちは、お膳立てしてあげてやっと就活に至る。

その前段階の"仕事"について「夢も希望もない」のではないか。
それは、政治の問題・経済の問題・親の問題・周囲の環境の問題…いろいろあるけれど、

もっともっと"仕事に夢をもってもらいたい"と思う。

小学生のころからキャリア教育は必要だと思うし、
キッザニアのように、仕事を楽しいものだと感じさせる工夫も重要だ…。
スポンサーサイト

COMMENT - 4

くじら  2014, 11. 04 [Tue] 13:44

はじめまして

身近な人のしてることって、
「自分もそれをする」ときのハードルが
低くなるものだと思うので、
blueさんが一生懸命仕事と家庭を両立している姿は
きっとお嬢さんたちの未来にも
いい影響がいっぱいあるだろうなと思います。

Edit | Reply | 

blue  2014, 11. 06 [Thu] 12:44

Re: はじめまして

くじらさん、コメントありがとうございます。

周囲からくじらさんと同じようなことを言って下さる方もいます。
正直、嬉しい反面複雑な想いにもかられます。
外と内では違いますから。
外で気を使っている分、内で反動が出たり…。
もっと大人になりたいといつも反省しているのです笑

Edit | Reply | 

くじら  2014, 11. 10 [Mon] 13:25

内と外

家庭と仕事の両立は簡単ではないんでしょうね。
そもそも簡単ならもっとみんなやってるはずですし。

私は専業主婦ですが、幼稚園のPTAの役員で忙しかったとき
子供から「お母さん、一年経って役員終わったら遊んでくれる?」
と言われて、「ああ、『内』を大事にするって難しいことなんだ」
と 少しわかった気がしました。

仕事優先で家庭がないがしろだった実母を私は恨んでいましたが、
もし「子供も大事にしよう」っていう気持ちを持ってくれていたら、
理想の母だったのかもしれませんv-77

子供が親の愛を感じるポイントは
長時間ぺったりそばにいることや物や金ではなく、
「必要としたときにそばにいてくれたか」
「抱えた悩みや問題を理解してくれたか」だと
いつだかテレビで言っていて 「そうかもしれない」と思いました。

両立はいばらの道かもしれませんが
きっとその分 収穫の多い人生なのではと思っています。

Edit | Reply | 

blue  2014, 11. 13 [Thu] 13:11

いばらの道

「一度しかない人生を悔いのないように生きること。

子育ても、家事も、仕事も。」

そう考えると、一日一日を大事にしなきゃな~と思います。

それでも、後悔することは多々ありますが笑。

だからいばらの道なんだろうな~。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。