2009年は良い年でした

先ほど日帰りスキーから無事帰宅。
長女はblue、主人を相手に10本以上は滑ってたな。
午後は吹雪いてきてしまったので早々に切り上げて家路へ。
途中、静岡県内でも雪が降っていた。この時期から雪が降るのは何年ぶりだろ。

途中、白山温泉で心も体も暖まった。

帰宅してから年越しそばを作り…ベタだな、って主人が一言。

それが一番幸せなんだって二人で納得したりして。

今まで、大晦日?元旦はスキー旅行先の旅館で過ごすことが多かったから、
こんな年末は初めて…かな?

2009年は何かがいい方向へ動き始めた年だった。
ナゼかうれしい偶然が重なったり、ちょっとしたツイてる出来事が重なったり…。

主人もそれは感じている。

今日だって、金銭的な理由から日帰りスキーになった訳だけど、
結局、この冷え込みで明日のスキーは吹雪いて中止、帰りも通行止め続出…
って結果になっていたかもしれない。

「明日は初日の出を拝みに出掛けるぞ?!」

理由を聞いてみたら、今年は初日の出を拝んだから良い1年を送れたのだそう…。

…それもいいかもね。

今年1年、blueに関わってくれた人たち、ありがとう。
あまり良い出会いではなかった人たちも、それはそれで必ずblueにとって良い勉強になっているはず。

人生に偶然はない、全ては必然。

blueがまだ魂だった頃、自分でプログラムした物語。
それが今実行されている。だから無駄なプログラムは一切ないはず。

日々様々なものに感謝する気持ちをこれからも忘れずに一日一日を丁寧に過ごしていこう。

さぁ、2010年です!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント