スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の価値 飯田史彦

人生の価値―私たちは、どのように生きるべきか (PHP文庫)人生の価値―私たちは、どのように生きるべきか (PHP文庫)
(2003/09)
飯田 史彦

商品詳細を見る


前回初めて飯田史彦さんの本を読んだ。

自分がこの世に生まれた訳、そして死んでいくこと…。
それぞれが繋がり、1本の線となった。

今まで「地球」という枠の中で七転八倒していたけど、
その地球も実は「一部」に過ぎないということ…。

頭の中では明確なんだけど、
言葉で説明するとうまくできないな…。

とにかく、神様とか、前世とか、魂とか、
この世では実際に見ることができないものだからうまく説明できないけど、
確かに存在するんじゃないか。

それと共に、自分という物体は一人だけど、
周りにはたくさんの「何か」が常に自分を見守っていてくれる。

なんだか安心感が感じられるようになった。

…本当にうまく説明できないけど、
この方の本をもっと読んでみたいと思った。

で、今日仕事帰りに買ったのがこの本。

「神様」とか、
「魂」とか、
「天国と地獄」とか、
この世では絶対に見ることもないけど、このカラクリを知ることによって、
変な話「死ぬ」ということが単に悲しいことではなくなるから不思議。

明日から、また精一杯生きよう。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。