人とのコミュニケーションはバーチャルでなくリアルでないとダメ

アルバート・メラビアンが称えた「コミュニケーションの三つの要素」。

・視覚情報
・聴覚情報
・言語情報

そして、その比率は↓。

・視覚情報…55%
・聴覚情報…38%
・言語情報…7%

聞き手は、話し手の「見た目」や「声のトーン」などから得た情報をメインに相手を理解している、
と言っても過言ではないと思う。

「言葉」からはあまり正しい情報(相手の気持ち等)が得られない。

↑はblueがマナーセミナーの講師を担当する際、よく使う例え。
(だから第一印象は大事だと繋げていく)

よって、人と人は「会う」というコミュニケーションがとても大事。

メールや電話、手紙なども思いを伝える一つの方法だけど、
より深く相手のことを知るには、会わないとわからない。

昨日は同僚と3時間くらいまったり過ごしたかな。
いろいろ話もしたし、これからもずっと大切な友人であり、今は同僚。

これも大切な財産。リアル友達っていいよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめて知りました。
感情のコミュニケーションですか。
なるほど
それに引き換えブログは、文字100%ですから、よりいっそう気遣いの必要なコミュニケーション、ってことになりますね、他の要素が助けてくれないので。
(だから、絵文字とかが発達した!?)
勉強になります

では。

そうかもしれませんね

SPYSi さん。

絵文字の由来はその通りかもしれませんね。

伝達事項ならメール等でもいいかもしれませんが、
お礼やお詫びなどの相手に気持ちを伝える行為は、
相手を目の前にして、これが常識だとblueは思います。