スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝礼当番

本日の業務内容
・朝礼当番
・セミナー開催
・アクセス解析


「朝礼当番」…。憂鬱のタネの一つ。

blueの会社では、朝礼時にまずラジオ体操。
そして、次に当番が前へ出て経営方針の唱和、朝礼の司会進行をし、
最後にスピーチを述べる。

最後のスピーチが悩みのタネ。

春になると、花粉症の話題。
夏は、熱中症の話題。
秋は、体調管理の話題。
冬は、インフルエンザの話題。

皆、話題に尽きると↑こんな内容でマンネリしてしまう。

それではつまらないので、何かいいネタは…と考え込んでしまうのがblue。

そして↓が今日のスピーチの内容。

「先日の誕生日に長女から初めてプレゼントをもらった。
2色のガーベラが4本入った花束だった。

1度しか行ったことのない花屋さんへ、友達を連れ立って買いに行ったと聞いた。

blueが帰宅すると、誰もいない場所に呼び出され「おめでとう。」と言われて差し出された。

とてもうれしかった。

と同時に子供というのは「気遣い」「愛情表現」がとても上手。
おかしを食べるときも、自分は手を付けずにまずはblueに「どうぞ。」と言ってくれる。

親が教えたわけではないのに…。

それが大人になるに連れて薄れてしまうのか、ちゃんと表現できない人が多い。

だから、親は子をもつのか…。そんな意味があるのではないか、と感じた。」


大人は子をもつことで「親」にならせてもらえるんだな、きっと…。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。